妊娠すると便秘になりやすくなるって本当?

妊娠中は便秘になりやすい?その原因とは

便秘対策をしよう

妊娠すると、女性の身体にはいろいろな変化が訪れます。 その変化の一つが、ホルモンの分泌量です。 どんなホルモンが分泌され、どんな役割があるのでしょうか。 また、赤ちゃんが成長して子宮が大きくなると、新たな便秘の原因が出てきますが、どうやって便秘を防げばよいのでしょうか。

悪阻と運動不足

悪阻は生理痛と同じで、ある人とない人がいるそうですね。 ある人からすれば、ない人をもの凄くうらやましく思います。 悪阻があると、食べたものは吐くし、食欲はなくなるし、辛いことばかりです。 それなのに便秘の原因にもなってしまうなんて勘弁してほしいですよね。

女性の身体の変化

みなさん、便秘に悩まされていませんか?
筆者は毎日快便で便秘になったことがないので、便秘に悩む人の気持ちは想像するしかありませんが、身体に毒素が溜まったまま何日も過ごさなければいけないと考えると、辛い気持ちも分かる気がします。
便秘の原因は様々で、食生活や運動不足、ストレスなど考えられることがたくさんあって、どれを改善すれば良いのか分からなくなる、と筆者の友人が言っていたのを覚えています。

便秘は女性のほうがなりやすいそうですが、妊娠中だとより便秘になる確率が高まるそうです。
それはなぜなのでしょうか。
調べてみましたが、便秘の原因はたくさんあって妊婦さんの計り知れない苦労を感じました。
妊娠すると便秘になりやすくなることは本当です。
このサイトではその原因を述べていますので、トップページでは妊娠中の便秘対策をいくつかご紹介したいと思います。

まず、食物繊維の多い食べ物を食べることです。
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく食べることが大事です。
どんな食材があるかというと、不溶性食物繊維には野菜や根菜、海藻、きのこ類、豆があり、水溶性食物繊維には昆布、わかめ、こんにゃく、山芋、納豆、果物があります。
乳酸菌には便秘を防ぐ善玉菌が含まれているので、積極的に摂ることをおすすめします。
乳酸菌と聞くと、ヨーグルトを思い浮かべますが、漬物、みそ、醤油にも含まれています。
水溶性食物繊維の納豆といい、やはり発酵食品は身体に良いものが多いですね。
以上のことを参考に、便秘の予防を始めましょう。

ストレスを抱えているならば

妊娠中のみなさん、ストレスを多く感じてはいませんか? 赤ちゃんの成長や出産に対する不安で、精神的に追い詰められてはいないでしょうか。 ストレスは便秘の原因になってしまいます。 そんなときは一人で抱え込まず、周りの人に甘えて、相談するなりしましょう。

TOPへ戻る↑