妊娠中は便秘になりやすい?その原因とは

>

便秘対策をしよう

黄体ホルモンの分泌

妊娠中の便秘の原因の一つとして挙げられるのが、ホルモンの分泌です。
普段の生活の不摂生ならば改善できますが、ホルモンとなると自分でどうにかできる問題ではありませんね。
妊娠中は、ホルモンの分泌量に変化が起こります。
女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類がありますが、妊娠中は黄体ホルモンが活発に分泌されるそうです。
黄体ホルモンが過剰に分泌されると、腸の働きが鈍くなってしまい、便秘になりやすくなってしまうのです。
黄体ホルモンは、水分を確保しようとする働きがあるので、食べたものの水分が大腸に吸収されて、便が硬くなってしまいます。
しかし子宮内膜を柔らかくし、妊娠の状態をサポートするという重要な役割を担っているので、妊娠には欠かせない大事なホルモンとして考える必要がありそうですね。

赤ちゃんが大きくなるにつれて

妊娠初期でさえ、ホルモンの分泌などで便秘の原因となる悩みの種があるのに、周期を重ねて赤ちゃんが大きくなると、さらに便秘の原因が増えてしまいます。
妊娠中期、後期になると赤ちゃんが成長してお腹が大きくなっていきます。
お腹というよりは子宮と言ったほうが適切ですね。
子宮が大きくなってくると、腸が子宮に押されて圧迫されるようになります。
その結果、腸の動きが鈍くなったり、血の流れも悪くなったりして、便秘の原因に繋がってしまうそうなのです。
ホルモンの分泌と同じで、これも避けられないことですが、消化に優しい食べ物を積極的に食べるとか、血流を良くするために運動するとか、便秘を防ぐためにできることもあるので、やってみると良さそうです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑